スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月26日 局地戦 第2戦域

日曜の朝は、近くの喫茶店でモーニングを頼み、ゆっくりコーヒーを飲みながら新聞を読んでいる。
ベル提督『ほほー、木星で新しい資源衛星が見つかったのか、これでまた戦況が変わるか・・・』
などと、独り言をつぶやいていたら、一人の男が、店に入って来て、ワシの前に座った
  謎の男『紅茶を一つ、ダージリンで』
   店員『かしこまりました』
この男、ワシが紅茶の匂いが好きではないのに、頼みやがる。嫌な男だ。
  謎の男『相変わらず、コーヒーか、紳士は上品に紅茶しないとな』
ベル提督『うるさい、で、今日の用事はなんだ』
  謎の男『これを見てみろ』
と言うと、1通の封書を投げつけた。
ベル提督『またか、今度はなんだ?』
男は店員が持ってきた紅茶を一気飲みして、何も言わず店から出て行った。
ベル提督『全く・・・、つまらん事を押し付ける奴らだ』
1通の封書の中身は、どうやら何かのデータの様だ
ベル提督『ここで、すぐに見れないものを渡すなよ』
と言うと、提督は黙って、それをポケットにしまいこんだ。

****開戦****
   副官『何なんですか?上のシリアス風なやり取りは?』
ベル提督『知らんな。ワシは何も知らん』
   副官『まだ、どーせつまらない、画像とかなんでしょ?』
ベル提督『ふっ、あンた背中が煤けてるよ』
   副官『はいはい、解りましたよ。今日はそーいう気分なんですね。で、出撃しましたが、どーします?』
      『ペガサス級が居ますが、攻撃仕掛けますか?』
ベル提督『いや、今日はちょっと遠出をしてみようか。所でなんだこのマップは、イゼルローン回廊を通らないと』
      『敵陣地に行けないでは無いか』
   副官『提督、この世界にはそー言う回廊はございません』
ベル提督『じゃーなんだ、あの狭い道は?』
   副官『ただ、たんなる基地が配置出来ない&移動先が指定が出来ないだけの暗礁区域ですよ』
ベル提督『ちょっとでも対人戦しなさいよって事なのかな?、以前ならこの狭い回廊で戦線が構築されていたもんだが・・・』
   副官『最近は無いですねぇ。この狭い回廊は単なる通路化してますね』
ベル提督『まぁ、無いお陰で、敵陣に進める事が出来る訳だが・・・』
   副官『今回も無課金仕様なのですから、丁度良いじゃないですか。順位もそれなりな感じになってますし』
    OP『そろそろ、戦闘宙域に入ります』
ベル提督『ミノフスキー粒子最大散布、各部隊発艦準備』
    OP『アラート!!、敵艦からの攻撃です。部隊1』
ベル提督『あらー、4000台から狙われたか。迎撃開始して』
    OP『攻撃来ます。迎撃開始します』
20170305_184313.jpg

    OP『迎撃成功しました』
ベル提督『お試し部隊だろうから、次来るかな・・・』
    OP『アラート!!第二波です。部隊1』
ベル提督『やはり来たか。部隊を入れ替えて迎撃だ』
    OP『防衛ライン1枚抜かれて、艦にダメージ受けました』
ベル提督『ふむぅ、やはりこの辺の順位を相手するには、厳しいものあるなぁ。まだ移動は終わらんのか?』
    OP『後、3分あります』
ベル提督『もう一発来るかな・・・』
    OP『アラート!!、第三波です。部隊1』
ベル提督『やはり落としに来たか。ここをしのげば攻撃は止むはず。反撃だ』
    OP『迎撃成功しました』
ベル提督『ふむぅ、こちらの武運が良かったな』
    OP『移動完了しました』
ベル提督『なんとか、しのいだか』
    OP『アラート!!、敵艦からの攻撃です。部隊1』
   副官『今度は、5000位で、戦争レベルは同じ位です』
ベル提督『最初はお試しで来るだろうから、迎撃だ』
    OP『攻撃来ます。迎撃開始します』
20170305_184336.jpg

    OP『迎撃成功しました』
   副官『しかし、こっちも使えなくなりました』
ベル提督『まぁ、艦の移動中の攻撃だから、第二波は来ないだろう』
   副官『しかし、今日は艦の移動表示が出てからの攻撃ばかりですね』
ベル提督『そやなぁ。まぁ移動中の方が、部隊を入れて可能性が高いと判断しての攻撃じゃないか?』
   副官『それだけ、空受けが多いからと言う事ですか?』
ベル提督『そら、順位下の奴を攻撃して、普通部隊入れてる方が少ないんちゃう?』
      『攻撃されてからの反撃ならまだしも、自分から先制攻撃してるんやし』
   副官『戦艦には、それほど価値無いですからね』
ベル提督『そやねんなぁ。これ単なる移動する為の箱やねんな』
   副官『一応、修理も出来ますし、基地としての機能もありますけど』
ベル提督『まぁ、そーやねんけど、なんかな・・・・。修理で思い出してんけどさ』
   副官『どうしたのですか?』
ベル提督『あれ、どーにかならんか?』
   副官『あれって何ですか?』
ベル提督『基地に来て修理押してもらうと10分短縮されるやん』
   副官『そうですよ。それが不満なんですか?』
ベル提督『いや、良いねんけど。こっちから、訪問した時も、5分位回復せーへんかな?』
   副官『それは何故?』
ベル提督『訪問してくる人少ないねん』
   副官『それは・・・』
ベル提督『このゲームのプレイ人数から言うと、めっちゃ厳しいねん。1戦争で、修理依頼しても、最近100人超えません』
   副官『昔は200人とかありましたよね』
ベル提督『下手したら、30人以下とかもあるからなぁ。SR機体フル回復に4時間ちょっとか、人数で言えば、26人位必要』
   副官『ですね』
ベル提督『で、30人しか来てくれないという事は?』
   副官『なんとか回復出来ますね。良いじゃないですか』
ベル提督『あほか、君は。全滅したら、フルコストやったら、SR機体は4機位おるねんで、単純に1部隊100人必要な訳ですよ』
      『足りない訳ですよ。一回部隊が壊滅したら、その戦争には参加出来ないのですわ』
   副官『なるほど』
ベル提督『で、みんな継戦能力高い部隊を作る訳ですよ。当然作るのに費用が馬鹿でかくなって・・・』
   副官『自分のエース部隊がやられるともう終わりって言う事なのですね』
ベル提督『部隊の駆け引きも多彩な部隊もなく、あるスキルを持っている機体の固有部隊ばっかりになると言う感じやで』
   副官『それで、みんな引退する人も多くなってるのですね』
ベル提督『1部隊作るのに、膨大なDPが必要になってきて、その部隊が全滅したら、もう他に手が無い状態になるからな』
   副官『欠点が少ない部隊をみんなが作るからですね。もうジャンケンじゃないのですね』
ベル提督『ジャンケンだと面白いんやけどな、流石に色んなスキルが出てきてるから、もうそー言う要素は減ってるな』
   OP『アラート!!、敵艦からの攻撃です。部隊1』
ベル提督『足場を潰しに来たか、しかし気付くのが遅かったな。こっちが先に着くわ。迎撃だ』
   副官『順位が同じ位で、戦争レベルは低いですね。それで、強気と・・・』
ベル提督『うるさいわ』
    OP『攻撃来ます。迎撃開始します』
20170305_184355.jpg

    OP『迎撃成功しました』
ベル提督『こっちも使い物にならん状態にされたか・・・、反撃だ』
    OP『鴨南蛮発艦してください』
   副官『いきなりエースですか』
ベル提督『ここは、短期決戦で一気に相手の戦意をなくさせるぞ』
   副官『無くせれば良いですけど、失敗したらもう後が無いですよ』
    OP『敵艦に攻撃開始します』
20170305_184415.jpg

    OP『防衛ライン2枚抜いて、艦を沈めました』
ベル提督『ふむ、良い働きをしてくれたな。しかし、相手はスキルをちゃんと考えて部隊を編制してそうだったな』
      『そろそろ、重要拠点方面に転進するぞ』
    OP『重要拠点の近辺に到着しました』
ベル提督『よし、この辺に居ると、重要に投げる部隊じゃない奴をこっちに投げてくるだろうからな』
    OP『アラート!!、敵艦からの攻撃です。部隊1、2・・・4です』
ベル提督『いきなり4もか、ちょっと厳しいぞ。取り敢えず、迎撃だ』
    OP『攻撃来ます。迎撃開始します』
20170305_184437.jpg

    OP『防衛ライン2枚突破されて、艦が沈みました』
ベル提督『うむぅ・・・・、厳しいな・・・。先ほど沈めた同じ同盟員からの攻撃だったか』
   副官『提督、少し気を抜きましたね』
ベル提督『うむ、確認を怠ったな。お陰で1艦沈めてしまった・・・』
   副官『後方から別の艦到着しました』
ベル提督『そか、しかしその間に、わが陣営が重要拠点を落としてしまった。する事無くなったな』
   副官『どーしますか?』
ベル提督『3000位台を中心に攻撃かけろ。重要拠点で兵力は疲弊しているはずだから、チャンスはある』
   OP『攻撃出来る全部隊発艦してください』
ベル提督『さてさ
て、どれだけ稼いできてくれるかな』
   OP『8勝9敗でした。最後は防衛部隊が居ない艦を沈められて終わりました』
ベル提督『そかそか、部隊使い切ってくれたか。今日は良い働きをしてくれたな』

****終戦****
という事で、今日も遊ばせて貰いました。

20170305_184445.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

「ふっ、早く切りなよ。時の刻みはあンただけのものじゃない。。」
私も好きですよ、哭きの竜。。

お返事

pgnishiさん>
古いネタを持ち出してすみません。ガンコンをやっている年齢層には、丁度だとは思い使いました。
まぁ、アレを読んだり、見たりした後に、実際にやったら、まぁ乗らない事乗らない事(笑)
ガンコンカウンター
プロフィール

ベルぞー

Author:ベルぞー
ガンダムコンクエストをする為に開設してみました。
タイトル通りなので、課金がバレない様に小額の課金しかしておりません・・・。一杯ガチャを回せる人が羨ましい。
相互リンクOKです。何時でも申請してください。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2拍手ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。