スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月1日 最終決戦 第1戦域(とある人との対戦)

ベル提督『あぁ、やっとこのシーズンも終わりか』
   副官『終わりみたいですね』
ベル提督『いつも思うのだが』
   副官『何をですか?』
ベル提督『前にも言ったと思うけど、最終決戦前にランキング終わりにしないか?』
   副官『何でですか?』
ベル提督『最終決戦てさ、どっちかと言うとお祭り的な感じやん。全レベル帯が一同に結してするんやし』
   副官『ですね』
ベル提督『そーなるとさ、境目のランキングに居る人は、その祭りに参加せずに、戦果稼ぎに勤しむ訳やん』
      『運営が意図している事と、外れてる気がするのよね』
   副官『昔は、確かに戦線を構築して、どーのこーのって言うのがありましたけれど、今は重要攻略だけですもんね』
ベル提督『そう、対人戦が活気づけるのは、重要近辺だけなのよね』
      『でも、そこにランカーが居ついてしまうと、もう手も足も出ない訳で・・・』
   副官『なかなか難しいですよね。メリットデメリットみたいな感じが一杯ありますからね』
ベル提督『決戦位、戦果を気にせずに、バンバン出来るようにしたら良いのにねぇっていつも思うのですよ』
   副官『ランキングが安定の人達は、そう動いているんじゃないのですか?』
ベル提督『まぁ、こっそり格下狩りしていたプレイヤーには、持って来いの戦場になるからなぁ』
      『戦果を気にせずに戦える状況が欲しいなぁと思う訳ですわ』
   副官『なるほどね。そー言うのが出来ると良いですよね』
ベル提督『だな、さてそろそろ行くか』

****開戦****
ベル提督『しかし、重要が全部ブルー陣営って言うのも、面白いな。みーんなブルーに進めば良いんだから』
      『わしは、ブルーの一番奥地を目指して進ぞ』
      『しかし、何で、アクアとかパープルの船がこっちの陣営にチラホラ居るんじゃ?』
   副官『エース狩りだと思いますよ。』
ベル提督『最後まで頑張るのぉ』
    OP『提督通信が入ってきております』
ベル提督『ふむ、読んでみろ』
20170307_233431.jpg

ベル提督『ブログを再開したから、気付かれたのかしら?ちょっと、1文字抜けている気がするんだが・・・』
   副官『提督、そー言う事を言うてはダメです』
ベル提督『まぁ、メールを貰えば、どんな順位であっても、対戦しないとアカンと言うのが、軍規である』
   副官『相手は、900台で一方的にならない編成って逆に難しいんじゃないんですか?』
ベル提督『俺もそう思うけどなぁ。取り合えず何時の様に艦には、2部隊ずつ配備して』
    OP『アラート!!第一波来ます』
20170307_233449.jpg

    OP『防衛ライン1枚抜かれましたが、迎撃成功しました』
ベル提督『なんかよー解らんが2枚目で止まったなぁ。こっちはコスト無課金仕様なんやけどな・・・』
      『次は調整してくるんかな?』
    OP『第二波来ます』
20170307_233511.jpg

    OP『防衛ライン1枚抜かれましたが、迎撃成功しました』
ベル提督『ふむ、これも迎撃出来たか』
   副官『最初の部隊で大半潰せてますからねぇ。一方的になってない状態とは言えますね』
    OP『第三波で、防衛ライン2枚抜かれて基地に被害が出ました』
ベル提督『抜かれたねぇ』
   副官『抜かれましたね。これで、2勝4敗ですね』
    OP『提督、まだいけるかどうか聞いてきましたが、どうします?』
ベル提督『いいよぉ、まだ部隊残ってるし』
    OP『第四波来ました』
20170307_233526.jpg

    OP『防衛1枚抜かれましたが、迎撃成功しました』
ベル提督『成功してもこっちはもう使い物にならないな』
    OP『提督、もう手加減部隊が無くなったそうです。どうします?』
ベル提督『こっちはまだ残ってるし、良いよぉ』
    OP『第五波で、防衛ライン2枚抜かれて基地に被害が出ました』
ベル提督『抜かれるには抜かれたが、向こうは次使えない位には、削れたかのぉ』
   副官『うちの部隊も中々頑張りましたね』
    OP『第六波で、防衛ライン2枚抜かれて基地に被害が出ました』
ベル提督『これも抜かれたが・・・、こっちは部隊も使い切ったな』
   副官『相手は通常部隊ですし、こっちはコスト無部隊ですから、仕方が無いでしょう』
    OP『敵提督からお礼の通信来ました』
ベル提督『うむ、ブログに載せるのに名前有か無か聞いておいてくれ』
    OP『無だそうです』
ベル提督『うむ。では、引き続き艦をブルーの奥地にまで進めてくれ』

****終戦****
という事で、今回は名前未公表のさんとの対人戦でした。ありがとうございました。
で艦は結局敵の前線までしか入れませんでした。それを抜いて奥には行けませんでした。とほほ
20170307_233534.jpg
スポンサーサイト

2月26日 局地戦 第2戦域

日曜の朝は、近くの喫茶店でモーニングを頼み、ゆっくりコーヒーを飲みながら新聞を読んでいる。
ベル提督『ほほー、木星で新しい資源衛星が見つかったのか、これでまた戦況が変わるか・・・』
などと、独り言をつぶやいていたら、一人の男が、店に入って来て、ワシの前に座った
  謎の男『紅茶を一つ、ダージリンで』
   店員『かしこまりました』
この男、ワシが紅茶の匂いが好きではないのに、頼みやがる。嫌な男だ。
  謎の男『相変わらず、コーヒーか、紳士は上品に紅茶しないとな』
ベル提督『うるさい、で、今日の用事はなんだ』
  謎の男『これを見てみろ』
と言うと、1通の封書を投げつけた。
ベル提督『またか、今度はなんだ?』
男は店員が持ってきた紅茶を一気飲みして、何も言わず店から出て行った。
ベル提督『全く・・・、つまらん事を押し付ける奴らだ』
1通の封書の中身は、どうやら何かのデータの様だ
ベル提督『ここで、すぐに見れないものを渡すなよ』
と言うと、提督は黙って、それをポケットにしまいこんだ。

****開戦****
   副官『何なんですか?上のシリアス風なやり取りは?』
ベル提督『知らんな。ワシは何も知らん』
   副官『まだ、どーせつまらない、画像とかなんでしょ?』
ベル提督『ふっ、あンた背中が煤けてるよ』
   副官『はいはい、解りましたよ。今日はそーいう気分なんですね。で、出撃しましたが、どーします?』
      『ペガサス級が居ますが、攻撃仕掛けますか?』
ベル提督『いや、今日はちょっと遠出をしてみようか。所でなんだこのマップは、イゼルローン回廊を通らないと』
      『敵陣地に行けないでは無いか』
   副官『提督、この世界にはそー言う回廊はございません』
ベル提督『じゃーなんだ、あの狭い道は?』
   副官『ただ、たんなる基地が配置出来ない&移動先が指定が出来ないだけの暗礁区域ですよ』
ベル提督『ちょっとでも対人戦しなさいよって事なのかな?、以前ならこの狭い回廊で戦線が構築されていたもんだが・・・』
   副官『最近は無いですねぇ。この狭い回廊は単なる通路化してますね』
ベル提督『まぁ、無いお陰で、敵陣に進める事が出来る訳だが・・・』
   副官『今回も無課金仕様なのですから、丁度良いじゃないですか。順位もそれなりな感じになってますし』
    OP『そろそろ、戦闘宙域に入ります』
ベル提督『ミノフスキー粒子最大散布、各部隊発艦準備』
    OP『アラート!!、敵艦からの攻撃です。部隊1』
ベル提督『あらー、4000台から狙われたか。迎撃開始して』
    OP『攻撃来ます。迎撃開始します』
20170305_184313.jpg

    OP『迎撃成功しました』
ベル提督『お試し部隊だろうから、次来るかな・・・』
    OP『アラート!!第二波です。部隊1』
ベル提督『やはり来たか。部隊を入れ替えて迎撃だ』
    OP『防衛ライン1枚抜かれて、艦にダメージ受けました』
ベル提督『ふむぅ、やはりこの辺の順位を相手するには、厳しいものあるなぁ。まだ移動は終わらんのか?』
    OP『後、3分あります』
ベル提督『もう一発来るかな・・・』
    OP『アラート!!、第三波です。部隊1』
ベル提督『やはり落としに来たか。ここをしのげば攻撃は止むはず。反撃だ』
    OP『迎撃成功しました』
ベル提督『ふむぅ、こちらの武運が良かったな』
    OP『移動完了しました』
ベル提督『なんとか、しのいだか』
    OP『アラート!!、敵艦からの攻撃です。部隊1』
   副官『今度は、5000位で、戦争レベルは同じ位です』
ベル提督『最初はお試しで来るだろうから、迎撃だ』
    OP『攻撃来ます。迎撃開始します』
20170305_184336.jpg

    OP『迎撃成功しました』
   副官『しかし、こっちも使えなくなりました』
ベル提督『まぁ、艦の移動中の攻撃だから、第二波は来ないだろう』
   副官『しかし、今日は艦の移動表示が出てからの攻撃ばかりですね』
ベル提督『そやなぁ。まぁ移動中の方が、部隊を入れて可能性が高いと判断しての攻撃じゃないか?』
   副官『それだけ、空受けが多いからと言う事ですか?』
ベル提督『そら、順位下の奴を攻撃して、普通部隊入れてる方が少ないんちゃう?』
      『攻撃されてからの反撃ならまだしも、自分から先制攻撃してるんやし』
   副官『戦艦には、それほど価値無いですからね』
ベル提督『そやねんなぁ。これ単なる移動する為の箱やねんな』
   副官『一応、修理も出来ますし、基地としての機能もありますけど』
ベル提督『まぁ、そーやねんけど、なんかな・・・・。修理で思い出してんけどさ』
   副官『どうしたのですか?』
ベル提督『あれ、どーにかならんか?』
   副官『あれって何ですか?』
ベル提督『基地に来て修理押してもらうと10分短縮されるやん』
   副官『そうですよ。それが不満なんですか?』
ベル提督『いや、良いねんけど。こっちから、訪問した時も、5分位回復せーへんかな?』
   副官『それは何故?』
ベル提督『訪問してくる人少ないねん』
   副官『それは・・・』
ベル提督『このゲームのプレイ人数から言うと、めっちゃ厳しいねん。1戦争で、修理依頼しても、最近100人超えません』
   副官『昔は200人とかありましたよね』
ベル提督『下手したら、30人以下とかもあるからなぁ。SR機体フル回復に4時間ちょっとか、人数で言えば、26人位必要』
   副官『ですね』
ベル提督『で、30人しか来てくれないという事は?』
   副官『なんとか回復出来ますね。良いじゃないですか』
ベル提督『あほか、君は。全滅したら、フルコストやったら、SR機体は4機位おるねんで、単純に1部隊100人必要な訳ですよ』
      『足りない訳ですよ。一回部隊が壊滅したら、その戦争には参加出来ないのですわ』
   副官『なるほど』
ベル提督『で、みんな継戦能力高い部隊を作る訳ですよ。当然作るのに費用が馬鹿でかくなって・・・』
   副官『自分のエース部隊がやられるともう終わりって言う事なのですね』
ベル提督『部隊の駆け引きも多彩な部隊もなく、あるスキルを持っている機体の固有部隊ばっかりになると言う感じやで』
   副官『それで、みんな引退する人も多くなってるのですね』
ベル提督『1部隊作るのに、膨大なDPが必要になってきて、その部隊が全滅したら、もう他に手が無い状態になるからな』
   副官『欠点が少ない部隊をみんなが作るからですね。もうジャンケンじゃないのですね』
ベル提督『ジャンケンだと面白いんやけどな、流石に色んなスキルが出てきてるから、もうそー言う要素は減ってるな』
   OP『アラート!!、敵艦からの攻撃です。部隊1』
ベル提督『足場を潰しに来たか、しかし気付くのが遅かったな。こっちが先に着くわ。迎撃だ』
   副官『順位が同じ位で、戦争レベルは低いですね。それで、強気と・・・』
ベル提督『うるさいわ』
    OP『攻撃来ます。迎撃開始します』
20170305_184355.jpg

    OP『迎撃成功しました』
ベル提督『こっちも使い物にならん状態にされたか・・・、反撃だ』
    OP『鴨南蛮発艦してください』
   副官『いきなりエースですか』
ベル提督『ここは、短期決戦で一気に相手の戦意をなくさせるぞ』
   副官『無くせれば良いですけど、失敗したらもう後が無いですよ』
    OP『敵艦に攻撃開始します』
20170305_184415.jpg

    OP『防衛ライン2枚抜いて、艦を沈めました』
ベル提督『ふむ、良い働きをしてくれたな。しかし、相手はスキルをちゃんと考えて部隊を編制してそうだったな』
      『そろそろ、重要拠点方面に転進するぞ』
    OP『重要拠点の近辺に到着しました』
ベル提督『よし、この辺に居ると、重要に投げる部隊じゃない奴をこっちに投げてくるだろうからな』
    OP『アラート!!、敵艦からの攻撃です。部隊1、2・・・4です』
ベル提督『いきなり4もか、ちょっと厳しいぞ。取り敢えず、迎撃だ』
    OP『攻撃来ます。迎撃開始します』
20170305_184437.jpg

    OP『防衛ライン2枚突破されて、艦が沈みました』
ベル提督『うむぅ・・・・、厳しいな・・・。先ほど沈めた同じ同盟員からの攻撃だったか』
   副官『提督、少し気を抜きましたね』
ベル提督『うむ、確認を怠ったな。お陰で1艦沈めてしまった・・・』
   副官『後方から別の艦到着しました』
ベル提督『そか、しかしその間に、わが陣営が重要拠点を落としてしまった。する事無くなったな』
   副官『どーしますか?』
ベル提督『3000位台を中心に攻撃かけろ。重要拠点で兵力は疲弊しているはずだから、チャンスはある』
   OP『攻撃出来る全部隊発艦してください』
ベル提督『さてさ
て、どれだけ稼いできてくれるかな』
   OP『8勝9敗でした。最後は防衛部隊が居ない艦を沈められて終わりました』
ベル提督『そかそか、部隊使い切ってくれたか。今日は良い働きをしてくれたな』

****終戦****
という事で、今日も遊ばせて貰いました。

20170305_184445.jpg


2月20日 局地戦第2戦域

   副官『提督18日の戦闘報告ですが・・・』
ベル提督『あぁ、要らんわ。おそー出撃したら、通常戦域が満員やったから、精鋭でたんやけど、エース狩りだけで終わったし』
      『2、3回位攻撃食らったかな。後で、ログ見たら、3桁の人が投げてた』
      『コスト無課金で2勝3敗だから、十分やろ。なんか、最後全能入ってた部隊投げてきてた』
      『その前は、ネオジオング入ってた部隊なげてた、こんな感じの紹介で良いか?』
   副官『まぁ、その位で良いのではないでしょうか。向こうも有り合わせの部隊だったでしょうし』
ベル提督『局地戦って事は、もうこのシーズンも終わりって事か?』
   副官『ですねぇ。メモリアルガチャも出てますし』
ベル提督『メモリアルガチャ、懐かしいな。あれでアレックスが当たったなぁ』
   副官『何時のシーズンのメモリアルガチャの話なんですか?』
ベル提督『もう忘れたわ。あれが出たから回避デッキを作ろうかなって言う気になった位かな』
   副官『そろそろ、出撃しますか』
ベル提督『そうだな。今日もコスト無課金で行くぞ』

****開戦****
ベル提督『相変わらず、押されてるなぁ、わが軍は』
   副官『仕方が無いですよ。少ないんですから』
ベル提督『まぁ、少ない方が敵を探さなくて良いやん。多い所に行ったら、敵探すのも大変やったんやし』
   副官『最近、開始と同時に出ていないから、どー言う状況かも解らないですよね』
ベル提督『だねぇ、負けてるのだけは解るけど。この重要拠点の取り合いにもうちょっと重みがあっても良いのにねぇ』
   副官『応援に入れている間、微量でも戦果が増えても良いと思うんですけどね』
ベル提督『一応、戦果ボーナス付くやん。まぁ、攻撃されないと戦果がつかない訳やけどね』
   OP『アラート!!、敵艦からの攻撃です。部隊1』
ベル提督『ふむ、どれどれ順位が、3000ちょいか。そらこっちに投げてくるわな』
   副官『受けるんですか?』
ベル提督『受けて相手を喜ばせようかどうしようか考えてるけど・・・、無視だな』
    OP『攻撃を受けて、艦に被害が出ました』
ベル提督『完全空対応だから、次投げてこないかどうかで、判断するわ。取り敢えず、重要に移動させといて』
   OP『第二波来ました。部隊1』
ベル提督『ふむぅ、来ちゃったか、困ったもんだ。艦一隻位は上げよう』
    OP『艦が攻撃受けて、沈みました』
ベル提督『さて、今日の敵を探してみるか。この前みたいに一杯投げてくる敵がいるかのぉ』
   副官『さっきの敵も投げてきましたが・・・』
ベル提督『あっさり抜かれるの確定やん。そんなのは相手しません。メールが来たら別やけど』
   副官『取り合えず、艦が重要附近に着きました』
    OP『アラート!!、敵艦からの攻撃です。部隊1』
ベル提督『今度は、同じ3000位台でも、ギリギリじゃないから、相手しようかな』
    OP『攻撃来ます。迎撃開始します』
20170225_134512.jpg

    OP『迎撃成功しました』
ベル提督『今の部隊絶対有り合わせだよな?』
   副官『だと思いますよ。使える機体を入れただけの感じがします』
ベル提督『だよな』
   副官『第二波来ます』
ベル提督『今度は負けた部隊の対抗部隊で来るよね?』
   副官『まぁ、それが基本ですからね』
ベル提督『所がだ、今の我が部隊はコスト無課金なので、入れ替えても対して変わんないので、そのままとする』
   副官『それは、今の流行とか提督が知らないからでしょ?単にめんどくさいと言う奴ですね』
ベル提督『もうな、3シーズンもテキトーにやってきたから、何がブームなのかも解らん』
    OP『攻撃来ます。迎撃開始します』
20170225_134531.jpg

    OP『迎撃成功しました』
ベル提督『うーん、どう思う?』
   副官『こっちの順位が低いから、この程度で行けるやろーって感じで投げてるんですよ』
ベル提督『だよな。でもなんか気になるなぁ。こっちから投げてみるか』
   副官『攻めますか』
ベル提督『まぁ、守りはちゃんとしてる部隊入れてるやろうから、1部隊も抜けんかも知れんがな』
    OP『月見、天婦羅、ざる、鴨南蛮部隊発艦してください』
   副官『4部隊も投げるんですか?』
ベル提督『いかにもっぽいやん、勝てそうやから、投げるぽくて良いでしょ?』
   副官『良いですけど、失敗したら今日は終わりですよ』
ベル提督『良いの良いの、どーせ順位も絡むような順位ちゃうし、でも、入れ替え出来ない様にちゃんと着弾時間は合わせたよ』
    OP『攻撃開始します』
20170225_134546.jpg

    OP『防衛ライン4枚抜きましたが、全滅しました』
ベル提督『ほら、良い感じに戦果稼げたやん』
   副官『相手は、重要に重きを置いているかもしれませんよ』
ベル提督『良いねんどんなレベルから攻撃受けるか解らんやん。
      『それに5枚位入れてるのなら、重要にさほど重きを置いてないでしょ』
   副官『まぁ、そうですね』
    OP『アラート!!、敵艦からの攻撃です。部隊1』
ベル提督『また、3000台か、今日はこの順位から、よー攻撃受けるなぁ』
   副官『それは、提督が重要近くにj艦を進めたからですよ』
ベル提督『そうなん??』
   副官『そうなん?って、そーですよ。重要近くに居たら、重要戦に参加するって思うでしょ?』
ベル提督『お前、頭良いなぁ。ワシ気付かんかったわ』
   副官『当たり前ですから』
    OP『攻撃来ます。迎撃開始します』
20170225_134605.jpg

    OP『防衛ライン2枚抜かれましたが、迎撃成功しました』
ベル提督『なんか、迎撃出来たねぇ』
   副官『でも、これで部隊は無くなりました』
ベル提督『そか、ほなかえりましょか』
   副官『はい、旦那さま』
ベル提督『どんな設定やねん』
   副官『さぁ?』

****終戦****
と言う事で、今日は3000位台の人達と、遊んで貰いました。なんか、コスト無課金の方が楽しいなぁ。

2月15日 ユニウスセブン戦 第4戦域(ヴァン!さんとの対戦あり)

ベル提督『おい、ちょっとお前たち、この漢字を読んでくれないか?』
   副官『何ですか、作戦シートを持ち出して、えーと、かんさいでんきほあんきょうかい ですか?』
   OP『これですか?かんさいでんきほあんきょうかい。何ですか?なんの協会なんですか?』
ベル提督『おまえら、なってない。全然違う』
   副官『何が違うのですか、こんな漢字読み間違えようがないですよ』
   OP『そーですよ。これはどーみても、かんさいでんきほあんきょうかいです』
ベル提督『きっしょ。えーかおまえら、これはなそー読むんじゃなくてな。こー読むねん』
『かんさい~でんき~ほぉ~あんきょ~かい』
   副官『・・・なんで節つけるんですか・・・』
   OP『そっちの方が気持ち悪いですよ』
ベル提督『あぁ、もぉ。お前らの方がきもいわ。これは、こー節をつけて読むのが世間では一般的なのだよ』
      『解らんかったら、ユーチューブで検索してみろ。ちゃんとあるから』
   副官『で、なんでそんな話を持ち出したのですか?』
ベル提督『実はな、この企業のCMが新しくなったと聞いてな見たんだが・・・・。あれはアカン、かっこよすぎる』
      『イメージダウンだわ』
   副官『イメージダウンって・・・、イメージを変えたいんじゃないですか?』
ベル提督『あほか、例えばな。このブログがおちゃらけから、突然まじめな攻略とかスキル検証とかするようなもんやで』
   副官『それいいじゃないですか。お勧め部隊とか、スキル検証とか、見る人増えますよ』
ベル提督『解ってないな君は、あー言うのは、金持ちがするもんじゃ。それにワシはこー見えても暇じゃない』
   副官『スキル検証とか暇な人がやってる訳じゃないと思いますが、また偏見ですか?』
ベル提督『じゃー100歩譲って、そこまで、やろうと思う情熱と時間が無い』
      『こー見えても、土日も忙しいからな。日曜の昼飯は、基本飯作ってるからな』
   副官『じゃーこの前の、昼ご飯はなんを作ったのですか?』
ベル提督『えーっと、なんやったかな・・・、あぁ、ケバブだ』
   副官『ほんまですか?』
ベル提督『疑うか?ほら、写真あるから見てみ』
20170222_201657[1044]

   副官『提督、これチキンタルタと思うのですが・・・』
ベル提督『あっ、ほんまや間違えた、こっちや。ほら』
20170222_210925[1049]

   副官『これ、提督が作ったんですか?どっかから、画像を取ってきたとか、大蔵大臣が作ったとか』
ベル提督『あほか、大蔵大臣がこんな雑なつくり方せんやろ。お前を家に呼んだ時食べたやろ』
   副官『そーでしたね。じゃーこれは、提督が作ったのですか。意外ですねぇ』
ベル提督『いや、普通やろ。寧ろ当たり前と言うべきか。やって当然じゃないかな』
   副官『なんなんでしょ?その上から目線的な感じは・・・、これなんていう奴ですか?雑すぎて良く解らないのですが・・・
ベル提督『一応、ケバブだよ。食パンで挟んでるけどな』
   副官『とりあえず今日も出撃しますね』
ベル提督『流すんかいな』

****開戦****
ベル提督『あちゃー、えらい所にでてもーたがな』
   副官『ほんまですねぇ。基地の横に、敵戦艦いますね』
ベル提督『とりあえず、無視して艦を出すか』
    OP『移動部隊作戦を開始してください』
ベル提督『さて、移動マークが出たら攻撃来るかな・・・』
    OP『提督アラートでは無く、敵提督から、通信きました』
ベル提督『ふむ、読んでみろ』
20170222_201422[1046]

ベル提督『ブログ読者であったか、ならばコスト無課金であっても、対戦せねばならんな』
   OP『アラート、部隊1です』
ベル提督『早速来たか、うちのエース2部隊入れて相手するぞ』
    OP『攻撃来ます。迎撃開始します』
20170222_201432[1047]

    OP『防衛ライン2枚突破されて、艦に被害が出ました』
ベル提督『ふむ、やはり抜かれたか・・・』
    OP『敵提督からお礼の通信が来ました』
ベル提督『ブログに載ると自慢したくなるもんなんだなぁ。こっちはメールを貰えば、幾らでも載せるけどねぇ』
   副官『部隊を晒す事になるから、ちょっと気が引けるんですよね』
ベル提督『全ては見せないけれど、数部隊晒しても良いのなら、載せますので。見かけたらメールください』
   副官『提督自体が、出撃頻度が落ちているから、ある意味見かけたら、貴重ですよね』
ベル提督『ネタが欲しい為に、出ている様なもんだからな』
   OP『アラート!!、敵艦からです。部隊1』
ベル提督『戦争ランクが下で、順位が上か、まぁこっちの艦が被害出てるから、投げてきても当然か。迎撃だ』
   OP『攻撃来ます。迎撃開始します』
20170222_201606[1048]

    OP『迎撃成功しました』
ベル提督『うむぅ、なんとか迎撃成功したか・・・』
    OP『アラート!!基地からの攻撃です。部隊は2』
      『続いて、第二波来ました。同じく部隊は2』
ベル提督『なんだ、久々の複数攻撃やないのぉ。ドキドキしますなぁ』
   副官『どちらも、戦争レベル下ですね。順位は似たようなものですが・・・』
ベル提督『たまに、強烈なのがいるからなぁ、心してかかれ』
    OP『迎撃成功しました』
ベル提督『ふむぅ、稼がせてもらったなぁ。こんな順位だから、稼がせてもらわなくてもいいんだが・・・』
      『二人相手するのは、ちょと面倒だな。片方の攻撃辞めさせようかな』
      『最初に投げてきた敵艦に投げるか、この感じなら、こいつで抜けるはず』
    OP『月見蕎麦、発艦してください』
ベル提督『相変わらず、基地からの攻撃は続いているか?』
    OP『第二波も、来ましたが、迎撃成功しています』
ベル提督『ふむ、いい事だ。基地からの方が、好戦的な提督だったとみえる』
    OP『月見蕎麦、敵艦に攻撃開始します』
20170222_201626[1043]

    OP『防衛ライン3枚抜いて、艦に被害与えました』
ベル提督『これで、暫くは大人しくなるだろう。本来なら落としておかないとアカンねんけどなぁ・・・』
    OP『第三波、第四波と攻撃が続いております。防衛ラインが数枚抜かれましたが、まだ戦線は維持しております』
ベル提督『うちのエース2枚最初の対人戦で居なくなったのが、厳しくなってきたな。そろそろ、全部抜かれるかな・・・』
   副官『コスト無課金だから、補完せずに特化型に変わってますからねぇ。いつまでも相性が良い訳でもないでしょうし』
ベル提督『パイロットを入れ替えるのが面倒・・・』
   副官『仕方が無いじゃないですか、効果的にするには、特定のパイロットのたらい回しするのは当然です』
ベル提督『これが、さくっと出来たら苦労せんがな、このスマホも旧機体なんだぞ。たまに通信エラー起こすのに』
   OP『提督、部隊が全部抜かれました』
ベル提督『10アラームまで増えたか。ここを返せないのが悔やまれるな』
   副官『これ、別同盟だからお互い自分だけ攻めてる様に思っているんでしょうねぇ』
ベル提督『そらそーやろ、普通はそー言うもんやで、受けている方は実は結構大変やねんけど、これはこれで楽しい』
   副官『迎撃が成功しているから、楽しいんですよ。これ一気に抜かれたら楽しくもなんでもないでしょ』
ベル提督『まぁな、部隊も無くなったし、今日は撤退するか』

****終戦****
という事で、今回はヴァン!さんとの、ちょっぴり対戦でした。次会う時までにコスト課金出来たらいいなぁ(笑)
集中砲火ってドキドキしますなぁ。大抵部隊がもちませんけどね。

2月12日オデッサ戦第4戦域

   副官『今回は18時台に出撃しましたねぇ』
ベル提督『うむ、最近は21時ちょっと前に出撃していたんだが、ブログ再開となるとな』
   副官『やる気の表れですな』
ベル提督『まぁな』
   副官『その割には、出撃位置がかなりの後方ですが・・・』
ベル提督『そら19時位には、飯の時間だもん。20時半位まで戦域は放置してるからな』
   副官『昔は、前線に出て2時間以内に燃え尽きて、後半戦とかしていたのに・・・』
ベル提督『そんな昔の話・・・シーズン9位からもうしてないぞ・・・』
   副官『シーズン開始で、順位を稼ぐと後は、普通にしていても、順位あんまり下がりませんもんねぇ』
ベル提督『☆機体を1機もらう程度なら、それで逃げ切れたからなぁ』
   副官『奇跡の順位でしたね』
ベル提督『お陰で、更に頑張ろうと言う意識が更になくなり・・・』
   副官『しかし、遠ざかる決定的な事件がありましたよね』
ベル提督『あったな』

・・・・・・・・とある日・・・・・・・・・
大蔵大臣『あんた、この黒いカード何?』
ベル提督『うん?あぁそれねぇ、あはははははは』
大蔵大臣『あんた、課金してないって言うてたよね?』
ベル提督『いえ、ちょっとだけ・・・』
大蔵大臣『わかってるん?今どー言う状況か?』
ベル提督『はい、わかっております』
・・・・・・・・色んな意味で終了・・・・・・・・

   副官『スマホケースに、入れっぱなしにしてるからですよ』
ベル提督『まぁ、あの時はな仕方が無かったのだよ』
   副官『みんな、使ったら即捨ててますよ』
ベル提督『そーなのか。どーも貧乏性でな、使い切るまで残してたんだよ。別にもうCPに代わっているんだけど・・・』
      『しかし、あの黒いカードは中途半端な端数が貯まってしゃーなかったな。使い勝手悪かったわ』
   副官『では、今日も始めますか』

****開戦****
ベル提督『さて、始めるか。ミノフスキー粒子散布最大、作戦を開始する』
   OP『移動部隊1、2発艦してください』
ベル提督『最大船速30秒』
   副官『拠点落とさないのですか?』
ベル提督『アレ、戦争レベル上がるだけでなんのメリットも無いわ。得るDPも少ない気がするし』

・・・・・・・・20時30分頃・・・・・・・・
ベル提督『まだ、敵との境界線につかん・・・、てか敵艦もあんまり見えん』
   副官『エース狩りしながらやってるからじゃないのですか?』
ベル提督『そーなのかなぁ?他にする事が無いんだもん・・・。艦の移動、サーチ、艦の移動の繰り返ししかしてないで』
   副官『後方に出すぎましたね』
   OP『敵艦レーダーに捕捉しました。ザンジバル級1』
ベル提督『やっとか・・・、戦争レベルが低いが順位は高いと、このコスト無課金編成で丁度いい相手かもしれん』
   OP『月見部隊発艦してください』
   副官『何ですか?月見って?』
ベル提督『コードネームやん、コスト課金では基本パスタ名コードネームだったが』
      『コスト無課金では、日本そば名でやってみようかなと』
   副官『なるほど、それなら部隊にも愛着が湧くってもんですね』
   OP『月見、敵艦に攻撃開始します』
20170218_190821[1038]

    OP『防衛ライン1枚突破しましたが、全滅しました』
ベル提督『うちは、こー言う部隊しか作れないのが問題だのぉ』
   副官『それだけ大した機体をもっていないって事です』
ベル提督『まぁ、後のがどれくらいやれるか、調査の為に、順次投げてみて』
    OP『ざる、天婦羅、鴨南蛮、肉、きつね、力もち、各部隊攻撃後、発艦しました』
   副官『ほんまに、そばメニューシリーズですねぇ』
ベル提督『ほんとは、日本各地のそば、うどんでやろうと思ってんけどな、色々あるねんで、伊勢うどん、へぎそば、瓦そばとか』
      『調べる前に、時間が来たからとりあえず、ざっと思いつく奴書いた。で結果はどーやった?』
   副官『今のを全部使って漸く、戦艦落ちました』
ベル提督『相手にとっては、えらい粘着されたとか思ったかもなぁ、まぁ実際そーやったんやけど』
   副官『まぁ、それは事実ですね』
   OP『レーダーに敵艦補足、マッドアングラー級1』
ベル提督『先ほどの相手より、戦争レベルが高くて、順位が低いか・・・、どうせ部隊残しててもアレやし、ダメ元で投げるか』
   OP『力もち部隊、発艦してください』
   副官『なんか微妙な名前ですよねぇ』
ベル提督『そら、ネタ切れとも言う奴だな。意外と蕎麦の種類って少ないんだよ。まあ部隊も少ないからいいねんけど』
   OP『力もち、敵艦に攻撃開始します』
20170218_201842[1039]

   OP『全滅しました』
   副官『全くダメージあたえてませんねぇ』
ベル提督『だのぉ。困ったもんだ』
   OP『アラート!!、反撃来ます。部隊1』
ベル提督『組し易い相手と読んだか、まぁいいわ。迎撃開始』
   OP『敵部隊なおも接近中、迎撃開始します』
20170218_190725[1037]

    OP『迎撃成功しました』
ベル提督『あぁ、この敵部隊、ちょっと自信あった部隊ちゃうの?』
      『こっちの部隊、スキル全部埋まってないし、しかもレベルMAXにもしてないのに・・・、事故かのぉ』
   副官『これで、次は厄介なのが来ますねぇ』
ベル提督『だろうな・・・』
    OP『第二波来ます!!』
ベル提督『どうせ、この部隊しか残って無いから、そのまま相手して』
    OP『迎撃開始します』
20170218_190755[1036]

    OP『防衛ライン全て突破され、艦も沈みました』
ベル提督『あの赤い奴よく見るよねぇ』
   副官『見ますねぇ』
ベル提督『あんまり好きじゃない』
   副官『誰も好きな人いないんじゃないでしょうか?』
ベル提督『だろうな』

****終戦****

という事で、ブログ再開最初の戦闘をお送り致しました。内容もなーんも変わってませんからね(笑)
ガンコンカウンター
プロフィール

ベルぞー

Author:ベルぞー
ガンダムコンクエストをする為に開設してみました。
タイトル通りなので、課金がバレない様に小額の課金しかしておりません・・・。一杯ガチャを回せる人が羨ましい。
相互リンクOKです。何時でも申請してください。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2拍手ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。