スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーズン3開始!!

ベル提督『と言う事で、シーズン3は、パープルでする事になりました』
副官『ブルーに戻るって言う話は?』
ベル提督『あぁ、あれね、シーズン1に居た同盟がパープルに行くって言うてたので』
      『どうせ、今期も3ヶ月やし、ブルーに戻るのはその後でも良いかなと』
副官『その後はブルーから異動する事は無いと?』
ベル提督『そうだな、もうブルーからは動く事はないだろうな。碑さえあれば、編成は組めるんだから』
副官『で、今期の目標は?』
ベル提督『個人順位2000位以内、パープルの碑をゲットだな』
副官『これは、大きく出ましたねぇ。碑の方はまだ可能性ありますが。個人順位は厳しいのでは?』
   『前期も3000位越えそうな順位でしたのに』
ベル提督『まぁ、目標は高くな』
副官『さて、どうなることやら・・・・』
スポンサーサイト

戦闘記録9月15日~21日(4巴え決戦)

副官『提督・・・』
ベル提督『なんだ?』
副官『もうシーズン3が始まって一週間たちました・・・』
ベル提督『そのようだな、それがどーした?』
副官『いえ、どーしたと言われると、アレなんですが・・・』
ベル提督『仕方がなかろう、リアルの方も異動があったんだから』
副官『折角決戦は、毎日書こうとしていた矢先でしたからね』
ベル提督『まぁ、仕方が無い』

9月15日
副官『提督、この日はアレでしたよね。様子見って事で出撃したんですよね』
ベル提督『うむ』
副官『所が蓋を開けると・・・。連邦がうちより2倍の戦力を有していたと』
ベル提督『うむ、それまでのエリア支配1位を取ったものの、この戦力差はどーしようもなかったな』
副官『で、案の定あっという間に戦線を維持出来ないまま、我重要は敵の手に落ちましたね』
ベル提督『うむ、元々弱小同盟では、戦線を維持できる訳もないので、他の大手の同盟が居ると想定していたのだが』
副官『居ませんでしたよね。うちの同盟員の方がレベル高かったですね』
ベル提督『とある作戦を実行中、どんどん我重要が落ちていくのを見るしかなかったな』
副官『まぁ、連邦が超大手同盟だったので、結局全部の重要を落としてましたね』
ベル提督『そうだったな』
副官『で、例の作戦を発動したと』
ベル提督『うむ』
副官『結果的に1個重要を取り返しましたね』
ベル提督『そーだったな、してやったりだったな』
副官『お礼のメールも来たりしましたね』
ベル提督『うむ、以外だったけどね。あの作戦シーズン1から、定番だったから当然落とせると思っていたからねぇ』
副官『そんな感じで、初日は終わりましたね』

9月16日
副官『前日の状況から、他陣営も攻める方向が変わりましたよね』
ベル提督『そうだったな。基本、地上戦は連邦に攻めるって言う感じだったな』
副官『で、今回も前日と同様の作戦だったんですね』
ベル提督『うむ、そうだったな。アレが一番戦果を稼げる』
副官『と言いますと?』
ベル提督『今回、連邦との戦力差が2倍、態々こっちから攻撃しないで、あっちから攻撃してくる事で』
      『人数補正も入り、戦果が多く稼げる。しかもこっちはENが減らない』
副官『なるほど、でも高レベル者が一杯居る所では、あっさり突破されるのでは?』
ベル提督『そう、だから運も必要なのじゃ。まぁある程度、予想も出来きるんだがな』
副官『で、今回は見事それが大嵌りしたんですね』
ベル提督『そうだな、大手同盟が前線を構築してくれたお陰で、我陣営は重要を守りきった』
副官『しかも、提督が敵重要を落としたお陰で、連邦が混乱し、他陣営の重要攻撃もあり』
   『一気に崩壊しましたよね』
ベル提督『そーだったな、しかし、連邦の同盟が正直安心しきっていたのがあったんだろうな』
      『単艦で、敵陣営奥地まで入り込んでいる時点で、注意しないといけないのに』
      『全く、無警戒。こちらが重要に攻撃した時点で、漸くこっちの戦艦の近くに移動してきた』
      『と言うありさまだったからな、低レベルの人は、レーダーの役目を果たさないといけないのに・・・』
副官『そのお陰で、楽々落とせましたね。しかも戦域も勝利しましたね』
ベル提督『まぁ、そー言う事だ』

9月18日
副官『今日も、一緒ですね』
ベル提督『そうだな』
副官『でも、今回はつまづいた・・・』
ベル提督『そうだったな・・・、まさかあの位置で突破に時間掛かってしまうとは』
副官『その所為で、他の艦の集まる事になって、終わってしまいましたね』
   『その後、突破したものの、身近な重要しか届かない上に、突破に戦力も使っていたから、落とせませんでしたね』
ベル提督『3枚は抜いたんだが、うちの戦力の限界だったな』
副官『来期も見据えたら、部隊の増強も考えないとダメですね』
ベル提督『そーだったな、それを再確認した日だったな』

9月19日
副官『この日は・・・・』
ベル提督『この日の記憶が無い・・・、出撃したはずなんだが・・・』
      『思い出したわ、前日、うちの同盟員が二人で、個人2、3位、同盟1位を取ったから、見せてやったのだわ』
      『個人1位、同盟1位を取ってな。見せ付けてやりました』
      『まぁ、運が良かっただけと言えるかな』
副官『この日は、部隊のスキルが怖いほど発動してましたね。5枚貫通とかありましたし』
ベル提督『まぁ、敵も戦果を稼ぎたいと言うのもあるから、何時もは空だったのが、意外と入っていたり』
      『あっちからもこっちからも攻めて来たりと、大忙しだったわ。お陰で戦果を稼げた』
副官『最後に、盟主としての力を見せた感じになりましたね』
ベル提督『そーだったな』

9月20日
副官『最終決戦は、地上戦に出たんですよね』
ベル提督『まぁ、うちの機体から言うと、地上戦の方が有利な機体が多かったからな』
副官『でも、実際は用事があったので、殆ど参戦してませんよね』
ベル提督『うむ、開始1時間位して後は放置だったな。まぁ何も出来ないので、部隊は全部引き上げていたけどな』
副官『で、最後2時間また参戦した感じでしたね』
ベル提督『その間にキッチリ基地を燃やされていたしな、幸い早々に燃やされていたので、終了前にまた復帰できたがな』
副官『で、結果は順位は2位。個人順位も1000位以内に入ったので、無事に碑がもらえて当初の計画を達成しましたね』
ベル提督『まぁ、無事に達成できて良かったわ』
副官『これで、ブルーに戻れますね』
ベル提督『いや、戻らんよ、来期はパープルだ』
副官『えっ』

シーズン2 終了

戦闘記録9月7日~14日(対ザフト戦)

ベル提督『副官・・・』
副官『なんですか?提督』
ベル提督『今更言うのもなんだが、よくもまぁ、こんな活躍していないのを然も活躍した様に書いていたなぁと』
副官『それを言っては・・・・』
ベル提督『まぁ良いわ、とりあえず今週の分いくぞ』
7~9日、出撃していません

10日
副官『ザフト戦だから、レアバッジ欲しさに、精鋭戦出たんですよね』
ベル提督『うむ、その通りじゃ』
副官『なのに、出遅れた・・・』
ベル提督『そーだったな、ヒサ提督に、おそーいとも言われたな』
副官『30分の遅刻で、厳しいですね』
ベル提督『別に、出ると言っただけで、初めからとは、一言も言ってないのにな』
副官『まぁ、遅れたつけは、案の定対人が殆ど出来ませんでしたね』
ベル提督『殆どって言うか、2回だけだったな。そのうち1回は空だったし・・・』
副官『最近の定番ですね、攻めたら空』
ベル提督『まぁ、良いんだが、それも作戦の内に入るしな。相手も被害を抑えたいとか構ってられないとかあるんだろ』
副官『そんな訳で、ランク外になってしまい。レアバッジも稼げない結果に終わりました』

11日
副官『この日も、精鋭戦でしたね』
ベル提督『うむ、狙いは、レアバッジのみじゃ。ランク50位以内でもらえるんだから美味しいはず』
副官『でも、この日も散々でしたね』
ベル提督『ううむ、また対人探しに終始終わったな』
副官『でも、ガンコンのブロガーさんが近くに沸いたので、1回だけアタックしたじゃないですか』
ベル提督『そうだったな。全くノダメに終わって、ヤル気が無くなったな』
副官『で、他事していたら、基地を燃やされてしまってましたね』
ベル提督『反撃来るかなと思って、部隊を全部仕舞っていた所に、格下に、基地燃やされていたな』
副官『ただで、基地あげちゃいましたね。戦果稼げる所だったのにね』
ベル提督『まぁ、そんなもんだ』
副官『でも、レアバッジはゲット出来ました』

12日
副官『この日はダブルヘッダーでしたね』
ベル提督『この時点で2回出撃回数残っていたので、参戦したな』
副官『この日は、通常戦に参戦したんですよね』
ベル提督『そうなのじゃ、2戦、戦果を稼げてなかった所為で、総合ランクが下がってきたのじゃ』
      『一応、陣営内1000位には、入っているんだけど、予断を許さない状況になってきたので変更したのじゃ』
副官『碑を取りに来て取れなかったら、何の為に、碑無しのままブルーからアクアに移籍したのか解りませんもんね』
ベル提督『そうじゃ』
副官『でも、結果は・・・ここ数日と変わらない戦果でしたね・・・』
ベル提督『幾ら、ダブルヘッダー前半戦といえ、部隊を制限したのもあるが、これはあまりにも不甲斐ない結果だったな』
副官『まぁ、今週は色々とありましたからねぇ。実際問題、ガンコン所じゃ無かった訳ですが・・・』
ベル提督『まぁ、それを言ったらキリがない』
副官『と言う事で、対人戦も1人とだけバトルして、あまり戦果も稼げず終了しました』

ダブルヘッダー後半戦
ベル提督『ダブルヘッダーと言えば、近鉄が優勝を決定づけしたあの試合を思い出す』
副官『近鉄って、提督。今のオリックスですね』
ベル提督『そうだな、阪急と合併してオリックスになったな。あの試合はすごかった。ブライアントの連続ホームラン』
      『今も語り草となっておる』
副官『もう、誰もそんな話知らないと思いますけど・・・』
ベル提督『何を言っておる、ヒサ提督は知っておったぞ。同じくあれはすごかったと神が降臨したと』
副官『そうなんですか・・・。まぁその話は、おいといて進めますよ』
ベル提督『こいつ、またそーやって進行をすすめよる、さては巨人フアンなのか?』
副官『いえ、私は野球に興味ありませんから』
ベル提督『巨人ファンなら、即刻クビだったんだがな。まぁ良いわ』
副官『さて、後半戦も通常戦でしたね』
ベル提督『へいへい、そーですよー、3戦全然稼げていないので、正直焦ってる所はあったな』
副官『で、そんな気持ちを晴らすような結果だったとは、言えませんでしたねぇ』
ベル提督『そうやったな。なんや、同じ同盟員が凄い塊で配置してあったな』
副官『それを、片っ端から潰していったんでしょ?』
ベル提督『そう、もうレベルとか一切関係無く、目の前にあるもの全て燃やしていったな』
副官『ヒサ提督も似たようなもので、この所為で、相手の同盟がうちの同盟が覚えられたかもしれませんね』
   『今度、見かけたら仕返しに来るかもしれませんね』
ベル提督『さぁ、どれはどーだろう、そんな事をする暇ないでしょ。残念ながら、今のザフトは』
副官『まぁ、そんな事もありながら、結果は平凡な戦果に終わりましたね』
ベル提督『そうだったな、戦艦を移動させるのに苦労しているのがありありと見えてるな。今後の課題って所だろう』

14日決戦
副官『さて、決戦でしたが・・・』
   『最近、決戦の稼働率低くないですか?』
ベル提督『うむ、良い所に気が付いたな。正直8時間もする気が無いし、そんなに部隊も居ない』
      『最初の1時間半位で、部隊の大半を使ってしまえば、後は6時間後まで、なーんもできん』
      『しかも、修理しないといけない状況になれば、修理依頼をチャットで数時間叫ぶも、20人位しか来てくれない』
副官『そんな中で、後半は一応の盛り上がりを見せたじゃないですか』
ベル提督『そーやったな。一進一退の攻防だったな』
副官『最後は、ゴマ提督に片付けて貰いましたけどね』
ベル提督『仕方が無い、使い切ったんだもん。もう対人部隊残ってませんでした』
副官『そんな訳で、まずまずの戦果を稼げましたね』
ベル提督『そーだったな、これで一応総合ランク安定圏内に入ったな。もうそれで良しとしよう』

と言う訳で、今週はリアルな事で色々あったので、多少影響しているかといえば、そーでもなかったり、単にもう良い年になったので、対戦相手が見つからず、上位からは、狙われる年頃になってしまいました。まさに鴨がネギ背負ってる状態です。なんとか、対策と言うかここを切り抜けたい所ですが、如何せんDP不足が最大のネックですわ。ガチャも殆ど出来ないので、オークションで売って小銭を稼ぐと言う事も出来ず。我慢の時ですわ。 

戦闘記録9月1日~7日(対連邦戦)

副官『提督、やっと書く気になったと思ったら、また辞めたのですか?』
ベル提督『ちゃいます。リアルが忙しいのです』
副官『リアル?たいした仕事もしていないのに、忙しいとは・・・』
   『その割には、戦争には参加していたような・・・』
ベル提督『戦争には、参加出来るんだよ。ただフルタイムで稼動しているかは別だ』
副官『なるほど。まぁとりあえず、報告します』
1日月曜日
副官『出撃えらい遅れましたねぇ』
ベル提督『そうなのじゃ。元々出る気も無かったのだが、何故か時間があったので、一時間送れで出撃したのじゃ』
副官『時間も時間だったので、敵重要そばの最前線に出たのですよね』
ベル提督『相手は連邦だし、負けてるのは予想してたし、開いていたので出たんだが・・・』
副官『案の定、周りは敵だらけ。味方が全く居ない状態でしたね』
ベル提督『予想していたが、ここまでとは思わなかった』
副官『で、攻めあぐねていたら、当然アラートがなりましたね』
ベル提督『重要に届く距離だったけど、時間的に速いから、どーしようかなと、近くに高レベルの人も居たし』
      『しかも、イベント中故、出撃出来る部隊の半分と決めていたからね』
副官『なんとか、撃退して、反撃して戦艦を落としましたね』
ベル提督『そこから、その敵との一騎打ち、幸い基地も近いのでやりあいましたね』
副官『結果的に、敵基地を落として勝利しましたね』
ベル提督『お陰で、戦果は稼げた』

9月2日
副官『この日は、気持ち出遅れましたね』
ベル提督『この日もまだイベントが目標を達成できていなかったので、出撃部隊数を減らしての出撃だったのだが・・・』
副官『結果的には、散々たる結果に終わりましたね』
ベル提督『出たのは良いが、周りに高レベル拠点が無く、しょぼい拠点と攻めたら空の戦艦、基地で終わったからな』
副官『でも、1回だけ高レベルの人相手に勝ったじゃないですか』
ベル提督『で、その勢いで、その敵基地を攻めたら、空だったのじゃ・・・。これがショックであった』

9月4日
副官『3日はお休みして、4日に出撃しましたね。運営の通知でシーズン終了のお知らせがありましたね』
ベル提督『うむ。10月まではすると予想していたのだがな。意外だったな』
副官『で、この日も月曜の結果に味をしめて、遅く出撃したんですよね』
ベル提督『うむ、イベントも無事に終わって部隊もフル参戦出来たから、送れて出てみた』
副官『するとやっぱり、戦果を稼げましたね』
ベル提督『でも、DPはビンゴ以外全然稼げてないからな』

9月5日
副官『この日は、ヒサ提督との共同作戦でしたね』
ベル提督『そうだったな。この日は熱かったな。結局2人で敵重要を制圧したからな』
副官『ヒサ提督が重要を押さえて、提督が、周りのお片づけでしたね』
ベル提督『うむ、ヒサ提督が重要押さえた後、援軍よろしくと言って、放置プレイを強行したからな』
      『その為、こっちが重要へ横付けする羽目になり。清掃の役割になったな』
副官『今シーズン1働いた感じでしたねぇ』
ベル提督『そーだったな。重要そばに居る脅威になりそうな戦艦は全て片付けていったからな』
      『そこで痛感したのが、部隊数の少なさだったな。元々対人用部隊すら1部隊あるか無いかなのに』
      『それを制圧部隊にしようとすると、中々やりくり大変だったな』
副官『普段使う事もない、招待ガンダムまで引っ張りだしましたもんね』
ベル提督『それだけ必死だった訳だよ』
副官『結局、高レベル者だけ落とせませんでしたけどね、ついでに基地も燃やされましたしね』
ベル提督『そう、あれだけこっちが派手に動いていたから、ヒサ提督よりこっちを先に落としてきたな』
      『その前に、こっちの部隊を援軍送っておいたから結果的には、敵は無駄足になったな』
副官『で、この日も戦果を稼げましたね。何故かヒサ提督の方が上位にいましたけどね』
ベル提督『ああいう奴なんだよ、ヒサ提督は。別の戦争の時もゴマ提督の上位に居たそうな』

8月7日
副官『今シーズン最後の決戦でしたね。前哨戦が殆ど負けていたんですよね』
ベル提督『そう、戦争報告でも、担当戦域は勝っても総合では負けていたな』
副官『それで、出撃位置を変えたんですよね』
ベル提督『下がり目で敵の侵攻ルートから外れる位置に出たつもりが・・・』
副官『結果的には開始1時間もせずに、基地燃えましたよね』
ベル提督『もうね、その時点でヤル気なくしたので、他事してました』
副官『でも、総合は勝ったのでエリア支配数増えましたね』


   

戦闘記録7月26日~8月31日までの話(ダイジェスト版)

ベル提督『あぁ、まだここ存在してたねぇ』
副官『なんと言う事を、言うんですか提督』
ベル提督『まぁ、なんだ8月はあんまり戦争の話したくないんだよ』
      『ここの内容とは話しは逸れるが良いか?』
副官『別に、あなたのブログだから何を書こうが勝手ではないでしょうか?』
ベル提督『まぁ、とりあえず、8月6、9、15日は何があっても忘れるなと』
      『それと、それを未来永劫伝え続けないとアカンと言う事も』
      『ついでに言うと、そろそろ戦後70年にもなるし、本当の歴史を学校で教えようよと』
      『大東亜戦争は、侵略戦争ではなく、植民地にされていた東南アジア開放の戦争であったと』
      『そもそも、侵略されたって言うてるあの国は、元々清に取られていた訳で』
      『そこから、日清戦争後の譲渡で貰った後』
      『今度独立させようとしてあげたのに、出来へんから併合してくれと頼みに来てコレだからなぁ』
      『これ以上書くと、ブログと内容が全く違ってくるので』
      『こんな感じです』
副官『なるほど、それで提督は8月はテンションが下がり気味なのですね』
ベル提督『まぁ後は、子供等の相手をせなアカンから、ブログなんて書く暇無い』
      『それこそ、ガンコンもちょいちょいしかやれない位になりますから』
      『と言う事で、今日までの戦闘記録はダイジェスト版でお送りします』
副官『単に、面倒くさくなってきただけじゃなかったのですね』
ベル提督『それは、いったらアカン事やで』

・・・・本編スタート・・・・
7月26日~27日
26日に、グリーンとの決戦がありました。
7月28日~8月3日
大型アップデートがありました。
前哨戦4戦、決戦1戦、全て出ましたが、パープル相手だったので、敵を探す事で一杯一杯でした
8月4日~10日
赤星イベントがありました。更に戦果を稼がなくなり、星を探す日々でした。
8月11日~17日
この週も赤星イベントがあり以外にポイントが稼げてなかったけれども、一応目標ポイントまで達成しました。
8月18日~24日
この週あたりから、上位レベル者からの攻撃が多くなり、代わりに同レベル者からは空にされると言う、戦果を稼げない悪循環の始まりが出てきました。
8月24日~8月31日
同盟レベルがようやく、カンストを向かえ資金繰りがなんとか出来そうな状況になりました。
決戦では、前シーズン所属していた同盟の盟主と対決するものの、惨敗と全くもって話にならない結果に終わり、やはり色々手直ししないといけないものの、DPが無い為・・・、以後この状況が延々続くと思われる。

副官『8月、本当に頑張っていませんねぇ』
ベル提督『だから言っておるだろう。基本家に居たら子供の相手しないとアカンのじゃ』
      『その中で、2時間も集中して出来る訳ない、しかもその結果をブログにする時間なんて・・・』
      『と言うわけでダイジェストでお送りしました』
ガンコンカウンター
プロフィール

ベルぞー

Author:ベルぞー
ガンダムコンクエストをする為に開設してみました。
タイトル通りなので、課金がバレない様に小額の課金しかしておりません・・・。一杯ガチャを回せる人が羨ましい。
相互リンクOKです。何時でも申請してください。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2拍手ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。